ULYSSES

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イタリア旅行記その① 出国~到着編

書きかけのまま放置してて結構時間経っちゃったんですけど・・・(毎度)

6月にイタリア行ってきたときのおはなしです!


先に言っとく
備忘録的に書いていくつもりなので、多分超長い\(^q^)/

あと、いくつか記事分ます!
読み流していただいてもいいし、今後旅行される方の参考にもなれば良いなぁと思います^^

しょっぱなにトラブルもありましたが、終わってみれば忘れられないとても楽しい旅でした!!

念願の聖地ロケもやってきましたので、それも追々~・・・
というわけで、イタリアであったできごととか、撮ってきた写真とか書き綴っていきたいと思います☆

まずは、

~成田⇒ヴェネツィア編~

なにしろ到着するまでが大変だった_ノ乙(、ン、)_
どうでもいい場面でクジ運の強い自分の能力を最大限に発揮してしまったような・・・

しょっぱなから結構なトラブルに遭遇したった\(^0^)/・・・な、お話です。



italy001.jpg

成田から、航空会社はアリタリアを利用しました。
イタリアまではいろんなルートがあるんだけど、日本からの直行便は今はアリタリアしかないみたい。
EU圏内でトランジットしても良かったんだけど、直行便のほうが楽じゃないかという単純なアイディアで(^v^;)
しかしあんまり評判がね、微妙なのですなー、ここ;;
だので、あんまり期待はしていなかったのですが・・・

空港ついて早々、チェックインから早速予定が狂い始める(´Д`)
搭乗予定の便が、機材が届かなくて出発が40分遅れるとのこと。
わたし達は成田からローマまで行き、ローマで国内線に乗り換えヴェネツィアまで行く行程だったんだけど、その乗換えも予定の便には間に合わないということで、ひとつ後の便に変えることになりました。
さらに現地で空港からホテルまでの送迎もお願いしていたので、そっちにも時間変更の連絡を入れる。
もう朝からバタバタ\(^q^)/
しかしこればっかりはどうにもならないのでね、仕方ないす;;


今回はビジネスクラス利用だったので、空港のラウンジが使えます。
成田にはアリタリア専用が無いので、デルタ航空のラウンジでした。
サンドウィッチ等の軽食とビール、ワイン、その他お酒とソフトドリンク飲み放題だよ!
飛行機は空港のラウンジも楽しみの一つだよね♪

italy002.jpg


そしてようやく搭乗~

シートがフルフラットになるよ!!ヽ(^q^三^p^)ノ
ヒャッホゥしてたら写真撮り忘れました・・・
設備はそんなに新しくはないけど、長時間のフライトで横になって寝られるというのはとても嬉しいですね☆

スッチーも無愛想とか聞いてたけど、そんなに悪くなかったよ。
ニコニコしながら話しかければ向こうも笑顔で対応してくれたし、ぶっきらぼうなところもあったけど、海外はそういうもんかなと思ったら別に気にもならない。
というか日本はいろいろ丁寧すぎて、日本人がそういう対応に慣れてないだけと思う。
日本人のスッチーも何人かいらっしゃいました。
あちらの方でも片言の日本語で聞いてくれたり、片言の英語でも十分通じるので全然大丈夫です。

アメニティはブルガリ!!
italy010.jpg
行き(左)と帰り(右)でポーチの形と色が違いました~
中身は一緒だけど。

他にも食器がジノリだったり寝具がフレッテだったりと有名イタリアンブランドとコラボしまくってる。
多分そこがアピールポイントなんだろうな、、、(笑)


離陸してちょっと経ったらもうごはん
食事の評価は比較的良かったので、それは楽しみだったんだなぁ(*´Д`*)
空の上でひととおりのイタリアンコースが味わえます。
事前に予約しとけば和食メニューも出してもらえるそうです。

まずはパン~
italy003.jpg
ほんのり温かいのが嬉しい!何種類かありましたー

続いて前菜
italy004.jpg
生ハムとメロンとチーズとドライフルーツ
生ハムもチーズも超うまい!!(*´0`*)

ドリンクはもちろんワイン♪
italy005.jpg
ワインは赤、白、スパークリングそれぞれ何種類か取りそろえてます。
もちろんビールやソフトドリンクもあるよ!

パスタ!
italy006.jpg
ジェノベーゼソースとトマトソースのショートパスタ2種類です。
本来はどちらか一方を選ぶんだけど、「どっちもいる?」って聞かれたので両方もらっちゃいましたw
よくばり(*^0^*)

メインはお肉とお魚選べます☆
こちらはお魚
italy007.jpg
マグロのオーブン焼き
量が多くてちょっときつかった(^v^;)

ちなみに、お肉はこんな感じ
italy008.jpg

デザート!
italy009.jpg
わたしはお腹いっぱいだったので、さっぱりめにフルーツをお願いしたんですが、タルトやケーキもありました!

食後のデザートワインもいかがー?とおすすめされたので、それはしっかり頂いた!!←

そのあとはコーヒーか紅茶が出ます。

機内食としては全然美味しいと思う!
サラダみたいな生野菜は少ししなっとしてたけど;;そこはまぁ高度一万メートルなわけだし;;
適度に温かいものが出てくるし、少し味が濃いものもあったけど、まずくて食べられないっていうものは無かったよ~
むしろ全部美味しかったです(*´▽`*)

それからしばらくすると「喰ったら寝ろ!!」と言わんばかりに電気を消される。
お酒飲みまくってお腹いっぱいなのもあって、爆睡しましたw
横になれるシート快適すぎる・・・


一度起きたら、シベリア?の上空あたり飛んでた。
italy011.jpg
すごい、こんな景色見たことないよ!!(゜Д゜)


着陸2時間くらい前に朝ごはん、というか時間的にはおやつ

フォカッチャと小さいキッシュとチーズとフルーツ等々
italy012.jpg
量は多くないんだけど、動いてないからあんまりお腹減ってなくてすぐお腹いっぱいになってしまった(´Д`)‐3



roma001.jpg
12時間後ようやくローマ・フィウミチーノ空港に着きました!
すごいすごい、街並みが日本じゃない!!(当たり前だ)

ここから国内線ターミナルへ移動です。

途中に入国審査のゲートがあるんだけど、「Giappone?」って聞かれてそうだって言ったら、手振りで「通ってどうぞ」

...いいのかよ!!Σ(°Д°;)

パスポートを渡すこともなく、
入国スタンプすら押してもらうこともなく、
あっさり入国完了。

それだけ信用されてるって事ですね、日本人(´v`;)
これがドイツあたりでの入国だったら全然違うんだろうなぁ


んで、トランジットする便の出発ゲートの場所と時間を確認しに行ったら、なんかおかしい。
予定では21時頃の出発だったのに、なんか電光掲示板23時とかになってるんですけど、、、

わけがわからず、カウンターのおねえさん(美人)に聞いてもらったら、「2時間遅れてる」らしい。
遅延の理由は後で判明するんですが。

とりあえず、もう待つしかないので、再度現地での送迎の時間を遅らせてもらうように連絡(´Д`;)
さすがにちょっと渋られたっぽいがなんとかなりました。

しかし、時間になっても搭乗開始する気配無いwww

ソワソワしてたら、数人のCAさんがカツカツとやってきて、なにか呼びかけている。
どうやら「ヴェニスへ向かう人はいませんか」と言っているよう。

チケット見せたら、
「ひとつ前の便に乗ってください、ただし荷物は遅れます。」

つまり、
ひとつ前の便(多分、当初乗る予定だった便)がまだいるから、それに変更してほしい。
ただし、荷物の積み込みが間に合わないので、荷物だけは遅れて着きます。
この後の便はさらに時間が遅くなるので、運行するかもわかりません。

ナ、ナンダッテーーーーーΣ(゜Д゜;)

もうほんとに時間が無いようで、有無を言わさず「ついてきて!」と別ゲートに誘導するCAさん。
と、とりあえず、身体だけでも現地に着ければなんとかなる・・・たぶん。

変更手続きのカウンターは同じような状況のお客さんで大変なことになってた。

とりあえず、不安を抱えつつ、ようやく飛行機に乗りヴェネツィアへ。
ローマからだと1時間くらいなんだけど、なんだかすごく長かったような短かったような気がしました。

ようやくヴェネツィア・テッセラ空港に到着~
はぁ、疲れた。
時間深夜1時ですよー

荷物がいつ届くかわからないので(いわゆるロストバゲージってやつです)、その手続き窓口に行く。
てか、同じ便で来たお客さんだいたい同じ理由で乗ってきたので、荷物ないんだよ。
ここでも窓口が大変なことになってて、なんかクーデターでもあって亡命申請でもしてる気分だった(しろめ)

ヨレヨレになって外に出たら、送迎のアシスタントしてくれるガイドさんが何時間も待ってくれていたようで、すごい申し訳なかったけど、すごいありがたかったです。・゚・(ノД`)・゚・。

ガイドさんの話では、その日の朝にローマ空港で別会社のLCCの航空機が胴体着陸かなんかして、数時間空港が閉鎖されたそうな。
遅延はその影響だったようでした。

ご一緒になったオーストラリア人のご夫婦も荷物が届かないんだと困っていらっしゃいました。
あの人たち結局どうなったんだろう、大丈夫だったのかなぁ~


水上タクシーに乗り込んで、いざヴェネツィア本島へ!

空港はイタリア本土側にあるので、ヴェネツィアへは水上の交通手段じゃないと行けないんですー。
唯一、ヴェネツィア本島の入り口にあるローマ広場までは車は入れるんですけど、島内は車両進入禁止なので、そこから先は水上バスなり水上タクシーなりで移動しなきゃいけないんです。

歩いても行けないというのがこういうとき少々厄介だと思いましたが(^v^;)


窓からカナル・グランデの景色が見えた瞬間泣いた。

不安とか大変だったとか疲れたとか、いろんな感情があったけど、もうなにしろ自分がずっと夢見てきた場所に来れたんだと実感した瞬間、感動してマジ泣きしました(´;ω;`)


ヴェネツィアでの宿泊先は「ホテル・ダニエリ」。
ARIAに出てくる姫屋のモデルになったホテルです!
danieli.jpg

ここも超憧れだったぁ(*´Д`*)

このへんは次の記事でまた詳しく書きたいと思います!


そんなわけで、遠き憧れの地ヴェネツィアになんとかたどり着くことができたのでした。

トラブルに遭って思ったのは、個人旅行はそれなりに大変だなと。
自分の場合は、英語できて海外経験も豊富な同行者がいたのでなんとかなったんだけど、こういうトラブルになったときの対応とか初心者には結構厳しいと思いました。
何事もなければいいんだけどさ、、、

そういうの自信のない人には、ツアーを激しくお勧めします、まじで。

自分らは日程とか行程とか泊まりたいホテルとかがどうしても譲れなかったので個人手配にしたんだけど、サポートとかはツアーのほう全部やってくれるっぽいから安心だと思う。

あと英語ね、これは痛感した。
相手が言ってることはわかるんだけど、こっちからは的確な言葉が出てこなくて伝えられない。
少しだけ勉強したイタリア語なんかなお役に立たずwww

ほんと勉強しなきゃな~(><)



そんな感じでまた次回!
次は写真たくさん載せます!!



| 旅行 | 16:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT