ULYSSES

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

造形なんてやったことのない俺が造形っぽいことをしてみた

そんなかんじで、今回挑戦してみましたのは、

■ユーリ・ローウェルさん(21歳/自宅警備員)の魔導器

これ↓
blastiryuri.jpg

<いちおう補足>
魔導器なにそれおいしいの?
・魔導器はブラスティアと読みます。
・TOVの世界では超必需品!
・ライフラインの供給から戦闘力の増幅までなんでもできちゃう(属性はあります)
・けど数が無いからものすごく貴重品で、権力者が管理してるから簡単にはもらえない。
・そんなものを何故ニート自宅警備員のユーリが持っているのか気になった方は是非映画をご覧くださいv
・上記項目については、「だいたいあってる」で見逃してください。


彼のコスをやる上では絶対必要なものなんだけど、なんか先延ばしにしてきちゃって、ようやく重い腰をあげて作ってみました。
ほんと初心者の浅知恵でやったものです。
ほんと適当です。
まぁ、つまるところ、自分用覚書なんで、読み流していただければ~


①形の検証
bla000.jpg
まぁ、こんな感じ。
映画から察するに、太い腕輪の上に魔導器を巻いているんじゃないかと思われ、、、


②画用紙で型紙を作る
bla001.jpg
長さ:19cm
腕輪幅:6cm
魔導器幅:4cm
左右円形溝:直径1cm
中心溝幅:2mm
その他フィーリング

魔核(四角):1辺約17mm
魔核(丸):直径9mm
四角い魔核は、クリスタルのものがなかったので、アクリルビーズパーツを塗装しました。


③ライオンボードに型紙を描き写す
bla002.jpg
ベースの腕輪は5㎜厚、その他は3mm厚を使用。
描いたらカットする。
ハサミで切れちゃうのが素敵v


④全パーツ切りました。
bla003.jpg
ライオンボードに写す際、パーツごとに型紙を切りながら使用しているため、最終的には型紙が残りません(苦笑)。
めんどくなくていい←


⑤パーツを貼り合わせる
bla004.jpg
G17ボンド使用ー。


⑥ゴールドにする
コントロールタックフィルム
bla005.jpg
ラリッサとか、使い方はいろんなとこで読んでなんとなく知ってるけど、実際使用したことがなくてどうしようか悩んでいたときに、たまたま他の用事で訪れたゼファーさんに置いてあったもの。
薄手なのと、ドライヤーなんかで熱を加えるとすごく伸びるのと、ボンドを塗らずにそのまま貼れちゃうってところに惚れて購入。
値段が高めなので、大物には向かないぽ;;

それでも初めてなワタクシには少々てこずりましたよ;;
ドライヤーで熱を当てて、むいーんと伸ばして少しずつ貼りこんでいきました。
段差とか溝、表面をならすのは、ヘラが無かったので耳かきの先や曲面部分を使いました(-д-;)

こんな感じ
bla006.jpg
このあとさらに、気泡の入ったところをならしたり、溝をつけたりしました。


⑦完成~
bla007.jpg
ペットボトルが多すぎる件。
、、、じゃなくて、とりあえず完成。
装着はマジックテープで留めるようにしました。
本当になんちゃって魔導器ですが、無いよりはあったほうが、みたいな(笑)
元がビーズのためあいている四角い魔核の穴は、ホントはパテかねんどで埋めたほうがいいんでしょうね~(^^;)



| 衣装製作 | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ageha666.blog81.fc2.com/tb.php/178-14e8a7ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT